ネイリストになる2つの道

ネイリストになるにはどうすればいいの?

ネイリストになりたい!と決めた時、実際にはどのような方法があるのでしょうか。

ネイリストになるには大きくわけて2つの方法があります。
1つはネイルスクールへ通いネイリストになる方法。
2つ目は、ネイルサロンで働きながらネイリストへの勉強をすすめる方法です。

スクールに通う?働きながら学ぶ?

1つめのネイルスクールへ通いながら就職する方法ですが、この方法がもっとも多く一般的な方法と言えるでしょう。
スクールに通いながら就職しやすくするために、在学中にネイル試験検定を受ける方も多いです。

ネイリストになるためには国家資格のような特別な資格を保有していなければいけないといった決まりはないので、資格検定を受けるのも、受けないのも個人の自由です。
また、ネイルスクールを卒業しなければネイリストになれないといったこともありません。
ただこれだけは言えることは、ネイルスクールを卒業していた方が就職しやすいということです。

次に、2つめのネイルサロンで働きながらネイルに関するを知識の勉強する方法です。
まだまだ未経験にも関わらず、ネイルサロンで働くにはどうしたら良いのでしょうか。

例えばネイルの求人情報探してみるとしましょう。
たまに「未経験者歓迎」や「ネイルが好きな方なら誰でも」という求人を見かけることがあると思います。
このような募集をきかっかけとして、ネイルサロンで働きながら、一人前のネイリストになるために勉強をしていくのです。
すでに勤務されているネイリストの方々かた何回か施術の手順を教えてもらい、その後にすぐにお客様の接客をし、経験を積んでいき、上達を目指していく事が出来ます。

どちらの方法でもネイルストになる事ができますので、自分に合った方法でネイリストへの道を進めるといいですね。